使う利点はここ

レンタルオフィスもコワーキングスペースもメリット・デメリット両面あり事業内容によって向きや不向きがわかれますから、自分のビジネスはどうかをしっかり検討してみる必要があります。 両者に共通しているのは他社との共有スペースを利用するという点です。複数の企業とオフィスをシェアしている事から、維持費を一般の賃貸マンションレベルかそれ以下の経費で利用できるのです。

コワーキングスペースになると両者間の仕切りもないか、曜日を替えて交代で同じスペースを利用するなど、共有利用はさらに顕著になります。大変お得なのですが運営が長期化した場合経費が逆にかさむ事もあります。それと対比してバーチャルオフィスは文字通りバーチャルなオフィス、すなわち実態のないオフィスとなります。

バーチャルオフィス活用のメリットは、住所や電話番号およびファックス番号などがすべてレンタルになりますから、作業場は自宅ですがユーザーに提示する住所は別住所という使い方もできることです。全国どこでも空きがあればたとえば一等地オフィス街に住所を構えて法人登記を行う事も可能になりますし、事業所によっては事務員または問い合わせスタッフのレンタルを行っていますから、申し込みをすれば明日からでも事業所開きが可能になってしまうのです。

レンタルオフィスとの違いは、オフィスを丸ごと貸し出すかパーツだけを貸し出すかの違いです。個人事業ならともかく法人化する場合は法人登録をしなければなりませんから、どうしても固定住所が必要です。自宅を事業所にしている人も多いのですが、そうではなく居住地とは別個にして事業所専用住所が欲しい人には便利です。

活用する際の注意点

バーチャルオフィスは実質的なオフィスが無くても開業できるという点を考えると、無い無い付くしの若き事業家ならありがたいサービスです。固定電話の権利を新たに追加するとなると経費が馬鹿になりませんし、スマホがいくら普及しているとは言え、やはり社会的信用という面では固定電話の方が有利である事は言うまでもありません。

特にSOHOを営む個人事業主や趣味を生かしたビジネス展開を希望する人からは好評です。注意すべき点がいくつかあります。実態がないですからネットを通じた顔の見えない事業としての運営ならともかく、アポなしの会社訪問をされると不信感を招きかねませんから、万が一問い合わせがあった時の対応を考えておく必要があります。

同じく信用という点で融資や法人名義の口座を開設する際の審査が通りにくくなるケースも多々ありますから、やはり別途対応策を考えておかなければなりません。オプションで郵便受け取り代行や私書箱の貸し出しを行っている事もありますから、問い合わせてみる事をおすすめします。特に個人事業主になると銀行の対応が一段と厳しくなるケースもありますから、個人名義での口座を作ってから自宅を拠点にした開業届を出せばバーチャルオフィス利用がスムーズです。

法人登記する際にも本店住所をどこにするかによって後後の運営が左右される事もあり、細かい根回しが必要になる事も出てきますから、バーチャルオフィスを利用する際にはメリットとデメリットの両方を比較検討しながら利用を決めた方が無難です。あくまでも実績作りのための一時的な開所という利用が最適です。

バーチャルオフィスについて

主婦でも会社を作るのは難しい事ではなく主婦業を片手に年収何千万という女性事業家も、珍しくなくなりました。それなら自分にでもできるのではないかと一大決心をして準備にとりかかったものの、想定外に成功への壁が厚く愕然としたという人も多いのでなないでしょうか。最初の難関は拠点となるオフィスをいかに確保するかです。

顧客対応のためにはファックスや固定電話およびパソコンやプリンターが欠かせません。デスクも必要ですし各部署担当人事も検討しなければなりません。法人登記をしない事にはお話になりませんが我が家をオフィスにする事は無理があります。総合して考えると資金投資や経済面でも不安材料が多すぎて社長への道がいかに狭き門かを実感させられます。

できる限り資金をかけずにオフィスを開きたいなら3つの形をあげる事ができます。レンタルオフィス・バーチャルオフィス・コワーキングスペースの3つで一般的に若き事業家たちの間で一般的に利用されている形です。特にコワーキングスペースは各自治体も力を入れており、公共施設内スペースの一角もしくは丸ごとこれに当てているケースが目立ちます。

レンタルスペースは個室もしくはお一人様用空間にオフィスグッズ一式揃えた形で借りる事ができるサービスです。どちらも開業したばかりでまだ資金も人材もないという小規模企業にはありがたいサービスなのですが、他の人と一緒に同じ空間を使うゆえの気遣いが必要になりますし、コワーキングスペースにいたっては固定電話の持ち込みは当然ながらできません。他のオフィスグッズはすべて共有となり情報管理への不安もあります。ただし初期費用ならびに維持費がかなり安くなるのは大きなメリットです。やはり自分だけの空間をもっと自由に使いたいという人に今最も注目されているのがバーチャルオフィスです。